ギロチンと処刑の歴史について考えてみた話。

いきなりですけど第二外国語って僕ほんっとうに必要ないと思います。

英語を身につけることですらこれだけの時間がかかってしかもろくに身についていないのですから、今更フランス語やドイツ語をやって何になるというのでしょう。

僕は東大でドイツ語を取っています。ドイツ語にしたのは「ヒトラー最後の12日間」という映画がすごく好きだったからというただそれだけです。主演のブルーノガンツさんがこの前亡くなってしまって悲しいです。例年ドイツ語は真面目な人が多いと聞いていたのですが本当にその通りで、赤だか金だか分からないような髪色をしている僕は浮きまくっています。

思い返せば英作文ができるようになるのだって1〜2年かかったのに、中間でも独作文(?)が出たし今度の期末でも多分出ます。だから意味ないって。

どうせ昔の人たちはこのカリキュラムに耐えてきたんだとか言うんでしょうね。

 

今回は処刑方法の変遷について思うことです。やっぱり東大生、真面目な記事しか書けないみたいです。

   目次

 

 

1.古代の処刑方法と転換

人類の本質はやっぱり加虐心なのかな、と思ってしまうほど古代の処刑方法には残酷なものが多いです。有名なのは古代中国の処刑方法などでしょうか。何個か例をあげます

 ・凌遅刑

凌遅刑とは、人間を生きながらにして肉を削いでいき苦しみを与えながら殺す処刑法のこと。清朝の時代まで中国で行われ、国家反逆など最も重い罪を犯したものがこの刑の対象となった。

wikipediaに画像があったのですが閲覧注意なのでリンクを貼っておくからみたい人は見てください。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Lingchi_(cropped).jpg (閲覧注意!!)

 

見れない人のために説明すると、清朝の時代のマジモンの処刑されている様子が載っています。男性が十字架みたいなものに磔にされ腕と太ももと胸の肉が削がれて骨が見えている様子が映されています。合掌。

 

 ・八つ裂きの刑

f:id:UTS1:20190627204714j:plain

画像はクスコでスペイン人によって処刑されるペルー反乱の首謀者ホセ・ガブリエル・コンドルカンキ。wikipediaより引用

まあ文字と画像の通りですが一応説明。処刑対象の両手両足を馬につないで走らせることで体が4つに分かれるというもの。中国に限らず世界中で広く行われた。

 

初めてこれを見たのはハムナプトラの1か2かの冒頭だったと思います。

4つにしか分れないのに、どうして”八つ”裂きなんだろうとずっと思ってたんですけど、英語ではQuarteringと呼んでしっかり4つになっていました。まあ漢字圏では8=沢山の意味があるみたいなことを伊勢物語三河国の八つ橋のくだりで学んだ気がするのでそういうことなのかな。

あと世界中で広く行われたって書いたんですけど、新大陸にはラマ以上に大きな生き物が(厳密には人間が手懐けられる生き物が)いなかったので、動物にものを引かせようという発想が生まれず、そのせいで高度な文明があったにも関わらず車輪が作られなかったっていいますよね。だから上の写真の馬はきっとスペイン人が持ち込んだんでしょう。

 

グロいのでこれぐらいにします(もっと知りたい人は「鉄の処女」「ファラリスの雄牛」などで検索)が、古代で行われてた処刑方法ってだいたい手間なんですよ。よくこんな凝ったことするなって感心してしまうほどです。

それが大きく変化したのは、個人的にはフランス革命の前後であると思います。

 

当時フランスでメインストリームだった処刑方法は、対象の手足を鉄の棒で殴って完全に潰し痛ぶりながら殺す、というものでした。

1799年に反乱軍が資本主義革命に成功して貴族を打ち倒したあと、これらの貴族を処刑する必要が出てきました。その際に市民側がかつての封建体制側との違いを明確にするという意味も込めて生まれたのが”ギロチン”という処刑方法です。

 

2.ギロチンの誕生

ギロチンという名前の由来はそもそも、この処刑方法の生みの親であるフランス人のジョセフ・ギヨタンに由来します。ギヨタンを英語読みするとギロチンになるみたいです。

このような処刑方法が生まれたのは、市民側が(上に述べたように)旧体制側のように我々は”人を苦しめて”殺したりはしないという意思表示であるとともに、処刑すべき貴族が多かったために効率化を図らなければならない、という実利的な事情もあったかと察せられます。

実際、それまでフランス全土に160人の処刑人と3400人の助手がいたのが、この方法の登場によってたった1人の処刑人と5人の助手でフランス全土の処刑を賄うことができるようになったそうです。この一人の処刑人はよっぽど高給取りだったのか、それとも本来は不可触民的立場の人だったのかどちらなんでしょうか。これに関しては調べてもわかりませんでした。

世界的トレンドを見ても、19世紀からは”処刑の産業革命”が行われ、どんどん人道的な処刑が検討されるようになっていきます。

 

3.More about ギロチン

フランスはその後もギロチン関連の話題に尽きない国です。いくつか紹介します。

  ・ラボアジェの実験

ラボアジェの法則よりこの実験の方を知ってる人の方が多いかもしれません。ちなみにラボアジェの法則とは「化学変化の前後で物質の総質量は変化しない」というものです。

このラボアジェ、1794年に貴族出身で民衆から税を多額に巻き上げていたという罪で処刑されます。すでにこの時ギロチンが確立されていたのでラボアジェもギロチンで殺されることになります。

この時なんと彼は、「首を落とされてからできる限り瞬きをする」と宣言してから断頭台に登りました。

しかし、彼の処刑は26分で35人を処刑するという流れ作業のもとで行われ、また同じ科学者であるラグランジュもこれに立ち会っていたとされるのですが、実際は警官隊によって処刑の列から離されており、しかもラグランジュの著書にこの出来事の著述が見られないことから、この話は創作とされています。

 

  ・ボーリュー医師の実験

1905年、ボーリュー医師が同じような実験をしています。それは死刑囚に「首が落とされてから合図をしたら瞬きをしてくれ」と依頼してやったのですが、2回目までは呼びかけに応じて瞬きをしたという衝撃の記録が残っています。

しかし、これは筋肉の痙攣ではないか、ということが指摘されていますし、先のラボアジェの作り話もこの時に作られたとも言われているので、眉唾物でしょう。

(余談ですが眉唾の語源は眉に唾をつけると狐・狸に化かされないという迷信からきているそうです)

  ・フランス議会の実験

なんと驚くべきことに、1956年にフランス議会が正式にギロチンされた後人は何秒生きているのかということを調べたそうです。その結果、瞳孔の条件反射などから.....

何秒だと思います?15秒ぐらい?

 

正解は15分です。いや長すぎでしょ。市民側が人道的だと思って始めた処刑法がこの結果とはなんとも皮肉なものです。

 

4.合理的な処刑とは

近代では絞首刑と電気刑と毒殺刑の三種類がほとんどでしょう。日本では絞首刑がメインですね。アメリカなんかだと電気椅子に座らせて、みたいなのもあるみたいですね。

 

もしかしたら絞首刑が残酷だと思う人もいるかもしれませんが、絞首刑は「窒息死」させているわけではなく、下に落ちる衝撃が首に伝わることで頚椎を折る方法なので、痛みは少ないとも言えます。逆に電気刑だと死なない場合もあるとか(その場合は釈放になるそうですが)。日本でもかつて紐が切れてしまったことがあるとかないとか。もう一度処刑したという噂もありますが。

全体を通して注目すべきなのは、死刑が見せしめの意味から共同体からの排除という意味に移り変わったという点だと思います。つまり殺す方法はもはや重視されず、人々が人道的だと納得できるレベルで、誰の目にもつかないところで、手っ取り早い処刑方法に移り変わっていった、そんなドライさを感じます。

 

死刑制度について思うことも今後書きたいと思います。

水分子の折れ曲がり角の余弦の綺麗な求め方。

英検一級の過去問の大門1を一ミスで乗り切ってるんるん系ブロガーのちちょーです。

 

f:id:UTS1:20190626222738g:plain

 

言っちゃ悪いですけど、あれですよね。

毎日更新してる人でも全記事3,000字超えの人ってほぼいないんですよね。もしいたら結構な暇人ですよね正直。。。

 

ということで、今日の記事は理数系の軽い話題でお茶を濁そうかと思います。。

 

水の分子の構造は誰しも中学高校で一回見たことがあると思います。なんかちょっと折れ曲がってるやつですよね。大体みなさんわかってると思いますがなぜそうなっているか教科書風の説明を一通りします。

 

水分子内では酸素原子一個と水素原子二個とが共有結合によって結びついています。

共有結合とは、原子がそれぞれの最外殻電子を共有することでオクテット則を満たすように働く結合のことです。

酸素原子には最外殻電子が6個あり、水素は1個あるのですが、それぞれが一個ずつ共有すれば共にオクテット則を満たします。

この時、酸素には最外殻電子が二個ずつ二対余っています。この一対のことを非共有電子対と言います。

この非共有電子対と水素原子が電気的に反発することで、二対の非共有電子対と二個の水素原子が酸素原子に結びついたままできるだけ互いに遠ざかろうとします。

その結果、酸素原子を重心、四つを頂点とした正四角錐の形となるのです。

 

(こういうことを書いてると、とある漫画で「科学?あぁ、先人類の宗教か」というめちゃめちゃかっこいいセリフを思い出してしまいます。)

 

水素原子はこのうちの二頂点をしめるので、折れ曲がってるように見えるんですねー

電子は省略されてしまうので見えませんんが、水素も合わせて書けば、一見不自然に見える水分子も、実は正四角錐だったということがわかるんです。

 

ここで、二つの水素原子と酸素原子がなす角をθとして、cosθを求めてみましょう。

どうやりますか?愚直にやるとこのような具合になると思います。(PCで出力できなくてごめんなさい!)

 

f:id:UTS1:20190626222428j:plain

愚直ですけど大変ですよね?ベクトルでやる、という発想はいいと思うのですが、いささか計算量が膨大すぎます。(そこまででもないですね...)

そこで、位置ベクトルではなく、酸素原子を始点としたベクトルをとって、さらに今言ったような物理的性質を利用してあげるとこのようになります!

 

f:id:UTS1:20190626222416j:plain

自乗の中身省こうかと思ったのですがわかりやすいかと思って一応つけました。

美しい。実に美しいですよね。

これは鉄緑会の化学の偉い人であるT先生が授業で言ってました。

とにかくすごい先生で熱化学の回ではmaxwellの等面積則をやったりもしました。(流石に紹介だけでしたけど)

 

このように、対称的な図形では対称の中心をベクトルの始点にとってあげるとうまくいくことが多いですね。対称的でなくても、外心を扱うようなベクトルの問題は外心を始点にするなどは定石ですよね(ですよね?)

 

僕は幾何が好きなので、幾何的にこの結論を導けないかと頑張ってみたのですが、まだ答えは出てないです。わかる方は教えてください!(自分でも解けたら載せます)

痩せたいなら有酸素運動なんてしちゃダメだよね。

女友達にカビゴンに似てるねって言われた系ブロガーのちちょーです。。

僕身長186cmあるんですけど、その分体重も現在89kgあるんです。このスケール感だと一見太ってるのかどうか分からない気もするんですけど、BMIにすると25.7で、健康診断などでは25以上は肥満扱いなので、僕も「肥満」ということですね。

(ちなみにBMIは体重(kg)÷(身長)*2(m)で計算できます)

カビゴンと言われるだけのことはあるみたいです。。。

f:id:UTS1:20190625224207j:plain

まあダイエットしようと思ったわけなんですけど(実は大学入ってからずっとチョコチョコしてたんですが。。)、調べてたら有酸素運動をしないほうが実はいいんじゃないの?と思うような事実が結構出てきました。

もう最近はDaigoさんの動画ばっかり引用してます。Daigoまとめブログでもいいような気がしてきました(よくない)。まあ動画はみたい人はみといてください。

 

まずお伝えしたいのは、実はランニングってカロリー全然消費してないんですよ。

こちらの計算サイト(https://keisan.casio.jp/exec/system/1536633800)によると、ランニングによる消費カロリーは

消費カロリー=メッツ値×体重×運動時間×1.05

で与えられるそうです。メッツ値とは安静時の消費カロリーを1としたときにその運動が消費する単位カロリーなんですけどまあここではあまり気にせず、8km/hで走った時の値はおおよそ9です。なので僕が20分走ったとしても、なんと消費カロリーはなんと280kcalにしかなりません!おにぎり1個分ぐらいです!

ちなみに1kgはおおよそ7000kcalに等しいので、25倍の500分、すなわち8時間以上走ってようやく体重を1kg減らせることになります。大変ですね。。。

 

だとしても確実に体重減るんだから頑張れよ!だからお前はデブなんだよ!....という声も聞こえてきそうですが、実は下手にランニングをするとかえって太りかねない、ということもおきます。

それはどうしてかというと、筋肉が燃えてしまうから、なんですね!

実は筋肉というのは脂肪より燃えやすいんです。その証拠にマラソン選手は体の皮が少し浮いてる状態ですよね?腕がとても細い人を見たことがあると思うのですがそういうのもこの影響なのでしょう。

f:id:UTS1:20190625234738j:plain

写真はイギリスのポーラ・ラドクリフ選手。現在は引退。

そして人間の毎日の消費カロリーの多くは基礎代謝によってまかなわれます。割合にして実に6割以上です。成人男性だと1500kcalほどです。僕が2時間ぐらい走った分に等しいですね。

この基礎代謝、筋肉量が多いほど増えるため、有酸素運動によって筋肉量を減らすのは実は効率が悪い、ということなんですね。

 

ではどうすればいいの?ということなんですけど、まずは筋肉量を増やす、これに尽きるんじゃないかと思います。今言ったことからもわかるように、基礎代謝を上げることが非常に大事になるからです。僕はタニタの体組成計というものを買ったのですが、筋肉量を測る機能もついているんです!

 

 

4月には63.7kgだった筋肉量が、7kgのダンベルを買って毎日鍛えてたら今は65.8kgにまでなりました。ダンベルを上下するだけでも腹筋背筋などもフル活用されるので腕だけじゃなく意外と全身を鍛えられるなって思いました。また日々変動しやすい体重とは違って確実に増えていくのも嬉しいポイントだなと思いました笑。筋肉は裏切らないですね!

これからは週1ぐらいでダイエット報告を上げていく予定なのでそちらも読んでくれたら嬉しいです!今年中に-15kg目指したいです。。。

瞬読と知性のトレードオフ仮説について考えてみた。

f:id:UTS1:20190624214329j:plain



今日ドイツ語の授業で文章中に「サンスーシ宮殿」というのが出てきたんです。

この授業の先生、何というか重箱の隅をつつくのが好きというかやや面倒臭い先生で(まさか本人読んでないよね?)

「ちちょーくん、サンスーシ宮殿って、何?」って聞いてきたんですよ。

いやドイツ語の授業だし!歴史の授業ちゃうやん!なんなんこいつ!そこまで予習しとらんわ!って思った僕ですが...(まあドイツ語の予習さえしてないんですけど笑)

(あれ、なんか聞いたことあるぞ!)と。そう!

ついこの前の「東大王」で水上くんが答えてた

んですね!

f:id:UTS1:20190624154843p:image

「あぁ、ポツダムにある世界遺産ですね」とドヤ顔で答えてやりました笑

普段東大王なんて見ないんですが今度から毎週みようと思いました!水上くんありがとう!

 

さて話の枕はこれぐらいにして、今回は巷に蔓延る「速読法」というものについて紹介したいと思います。蔓延る、とは言ったものの今大流行しているタピオカと比較すると大したことはないみたいですが。(スマホの方はグーグルトレンドが表示されてないかと思います。はてなブログってやっぱりPCメインなんですかね?)

この記事を書くことを思い至ったきっかけは「1分間速読法」という本を買った事です。内容はまあ酷いものでした。

この本のリンクを貼りたくないので興味がある人は自分で調べてください。

あと絶対載せたくないとは思ったんですけど↓この作者が自分で実践してる動画もyoutubeに乗ってたので晒し上げという意味で載せときます。この動画を見て貰えば如何にこの方法が無茶か分かると思います。

いや目そらしたせいで見れてないページありますやん?

でもこのツイートをしたところ、速読、もとい瞬読を実践してる方々から、「決して全く不可能なものではないですよ」との指摘を頂いたので、どうしてそんなことが可能なのかを考える材料として「知性のトレードオフ仮説」というものを紹介したいと思います。それではどうぞ。

   目次

 

1.瞬読(速読)って何?

瞬読は初めて聞いた方も、速読については一時期話題になってたので知ってる人も多いかと思います。

速読術(そくどくじゅつ、英:speed reading)とは、文章を速く読むための技術であり、時には読書法も含まれる場合もある。読書速度を向上させ、効率的に大量の書物を読破する技術である。

wikipedia「速読術」より引用)

まあ上の説明の通りなんですけど...百聞は一見に如かず。見てもらったほうがはやいかなと思います。

海外のテレビで速読術を実演した様子みたいですね。コメディ風にされていますが、実際にこの番組の少女ぐらいのスピードで読める人もいるそうですよ。この他にも本をバラバラバラ〜ってお札を数えるみたいにするだけで読める、みたいな人もいるようです。

さらにここから派生した瞬読というものもあるそうです。それが冒頭に見てもらった本の著者が実演していたアレですが...どう説明したらいいかまるでわからないので、「一般社団法人瞬読協会」というサイトから引用させていただきます。

瞬読は、あらゆる人の「脳の潜在能力」を引き出す、最強の“脳力”開発メソッドです。“右脳”の潜在脳力を引き出し、「記憶力」や「問題処理能力」の向上をはじめ、「直感力」、「創造力」などを高め、教育分野にとどまらず、スポーツ、ビジネスや認知予防など、様々な場面で大きな力を発揮します。(https://syundoku.jp/about/

うーん.....怪しさ全開ですね!w

出たよ右脳。もう困ったら右脳。この手のビジネスってほんっと右脳好きですよね。

要するに、普段活用されていない我々の右脳を活性化させることで、最初の動画の本の著者みたいにとんでもないスピードで本が読めますよ、というのが瞬読らしいです。

まだ怒らないでください!ブラウザバックしないでください!一応、瞬読派の意見も聞いておきましょう。

2.瞬読って可能なの?

 わたくしも瞬読を支持している科学的に信用できる記事や本はないかなー?と思ったのですが探しても見つかりませんでした。かといってアマゾンレビューを引用するのはサクラとも限らないので、信頼できそうなこちらの たつさん のブログ(https://www.katotatsu.com/shundoku-hyouban/)を引用させてもらいます。実際に瞬読体験会に行って体験談を書いています。結論の部分だけ抽出させて頂きます。

2時間ほどの体験会を終え、一番最後に革命のファンファーレを読み進めた時。

明らかに文字がするすると頭の中に入ってくる感覚

がありました。これには読んでいた自分もびっくり!

すごく速く読めているのに頭にその内容が入ってきます。ページをめくったと思ったらすぐに次、すぐに次という感じ。

結果として体験会終了時に僕が読めるようになった文字数は1295文字でした。

わずか2時間ほどで444文字→1295文字

 はい。これに関してはすごいとしかいいようがないです。参加費で1万円かかったみたいですが、1万円でこれほどの体験ができるなら自分も参加してみたいなあ、なんて思っちゃったり。

3.反論

まあみなさん懐疑的な人が殆どだと思うので、今更反論を掲載するまでもないかと思ったんですけど、メンタリストのDaigoさんが反論動画をあげてたのでよければご覧ください(適当)

4.僕が思ったこと

そもそもこの瞬読、何が信じられないかって、ページをめくるスピードですよね。冒頭の本の著者の動画を見たときに、1ページ1秒とかけていません。そんなの一切覚えられないじゃないか!と。

でも僕はこれを見たときにあることを思い出しました。

まずみなさん、下に掲載されている画像を0.5秒だけ見てください。見たらすぐ下にスクロールしてくださいね。シャーって行ってくださいね。

 

 

f:id:UTS1:20190624213623j:image

 

はい。この文がページの一番上に来て先ほどの画像が見えない状態になっていますか?

なっていれば、どの数字がどこにあったか思い出してみてください。ちょっと難しいですよね。というかほぼできないと思います。

ところがこれ、チンパンジーにはできるんです。嘘だと思うでしょう?下のYouTubeの動画をご覧ください。京都大学霊長類研究所を取材したものです。動画は1:32までをみてもらえば今のと同じことをチンパンジーがやって見事正解しているのがわかると思います。

どうしてそのようになるのかはこの動画を見てもらえばわかるんですけど僕が軽く要約すると、

人間の先祖は安全な木の上から天敵のいる危険な地上に降り立つことを決めたが、力が弱いためみんなで協力する必要があった。

そのためには会話能力を必要としたが、会話を司る脳の部分は瞬間記憶を司る部分と隣接しているため、会話能力の獲得によってその部分が肥大化した代わりに、記憶の部分の脳のスペースが狭まってしまったため、木から降りず安全だったチンパンジーよりも人間はこういったパっと見の情報処理力において劣ることになった。

ということらしいです。(ちょっと長いですね)

これがトレードオフ仮説というものです。

 

こういうこともあるので、決して瞬読を勧めるわけでも支持するわけでもないですが、まあ、人間の能力(脳力?)的に考えたら全くありえない訳じゃないんじゃないの?と思いました。

僕も瞬読の本を(懲りずに)もう一冊買いました(先ほどの体験会の主催者が著者みたいです)ので、それを読んで少し練習してみようかなあと思いました。もし成果が出たらまた記事にしようと思います。記事が出なかったら.....そういうことです。

埼京線にキレてる話。

f:id:UTS1:20190623224516j:plain

サムネイル?的なの初めて作ってみたんですけど画質悪いですね。

今回はタイトルの通りです。もはや受験戦争の延長戦なんじゃないかと思えてくる東京大学教養学部の課題の多さに心身を消耗していて濃いメッセージが書ける状態ではないのです。なので埼京線ユーザーの僕がきっと毎日使ってる人なら共感してくれるであろうあるあるを書いていこうと思います。(先日月曜から夜更かしでも紹介されてましたよね。。。記憶違いだっけ?)

  目次

 

埼京線ゴミポイントその1:混みすぎ

はいこれみんなが一番嫌がってることね。

埼京線は大宮から赤羽池袋を通って新宿・渋谷を網羅ししかもりんかい線直結でお台場(東京テレポート)経由で新木場まで行けちゃう欲張り電車です。便利なんですけど諸刃の剣というのかそれで人間が多くなっちゃうんでしょうね。沿線上に戸田公園武蔵浦和など埼玉南部のベットタウンがほぼ含まれているというのも原因でしょう。

f:id:UTS1:20190623225737p:plain

埼京線は磁石のように人間を吸い寄せながら池袋に近づいていきます。池袋に着いた瞬間電磁石のスイッチが切られたみたいに人がドバッと降りるので、逆に言えば池袋に着く手前、すなわち板橋ー池袋間が最も混雑するということですね。(赤羽発・行が全く混んでないのを見ると埼玉民にヘイトが溜まることもあります笑)

僕は住所自体は池袋なのですが、板橋駅の方が近いため毎朝板橋を使ってます。まあ池袋まで行って山手線に乗ってもいいっちゃいいんですけど、渋谷乗り換えなので渋谷まで直通の埼京線は魅力的なんですよねー。つまり僕も混雑の原因の一要素ということですね。。。

僕は革靴履いたら身長190いくんですけどそんな僕でも空中浮遊することがしばしばです。特に一両目に近づくにつれて混み具合がひどくなる気がします。おそらく多くの駅の昇降口が一両目近くにあるからだと思われます。

これに関してはもう、JR側が頑張って出入り口ばらけさせていくしかないんじゃないでしょうか。ちなみに僕が毎日使っている板橋駅は駅員が後ろの方へいくように案内してます。あまり効果が出てるようには思えませんが。。。

埼京線ゴミポイントその2:遅延しすぎ

これもみなさんキレてるポイントですよね!!板橋ー渋谷は14分で着くはずなのに、27分かかったことさえあります。ほぼ倍です。遅延してる時に限って小学生の50m走ぐらいの勢いで走るのもイラつきポイントです。そう考えると埼京線沿線に広告出すのは他の線路よりも効果高いんじゃね?

首都圏を走る45路線について遅延証明書の発行日数の多い順に並べてみた。1位はJR中央・総武線各駅停車(三鷹―千葉間)の19.1日という結果になった。平日20日間当たり19.1日、つまりほぼ毎日、遅延が発生しているということになる。

2位はJR宇都宮線高崎線(上野―那須塩原神保原間)と東京メトロ千代田線の18.4日、4位はJR中央快速線中央本線(東京―甲府間)の18.3日、5位はJR横須賀線総武快速線(大船―東京―稲毛間)、JR埼京線川越線(大崎―新宿―武蔵高萩間)および小田急線の17.9日。8位はJR東海道線(東京―湯河原間)、JR京浜東北線根岸線(大宮―大船間)の17.4日、10位はJR常磐線各駅停車(綾瀬―取手間)の16.8日という結果になった。(東洋経済オンライン=https://toyokeizai.net/articles/-/203508より引用。意外にもたかが5位なんですね。。。 

 

これなぜ遅れてるか。まあ理由はいろいろあると思うんですけど、①混雑②他の線路とのホームの共有③軟弱すぎる、の三つの原因があるようです。

まず①なんですが、、これはお分かりの通り、いつもすし詰めになっているせいでドアが閉まらないために、発車時刻が遅れるということ。

しかもこれが後続の電車にも影響してさらに遅延する、遅延するとホームにたまる人が多くなるので後続電車がさらに混雑する、混雑のせいでさらに遅れる、過度な混雑のせいで倒れる人が出てきて急病人の看護でさらに遅れる。。。。。という止めどない負のスパイラルに突入することになります。こうなるともう30分遅延は避けられません。

次に②なんですけど、「埼京線混むなら本数増やせばよくない?」と思う方、いませんか?僕もそう思ってました。(ただ埼京線を初めて使ったのは大震災の後だったので節電で本数が少ないのかな?なんて思ってましたが)埼京線が本数を増やせないのには理由があるんです。こちらの記事に詳しく書かれていたので引用させていただきます。

埼京線にはほかの路線にはあまりない事情がある。それは、湘南新宿ラインと線路を共用しているという点だ。

池袋~大崎の区間では複線の線路を埼京線湘南新宿ラインの2つの系統が乗り入れている。しかも貨物列車も時々走る。線路容量には限界があり、電車を常に高頻度で走らせられる環境とは言い難い。

埼京線単独で線路を独占するわけにはいかないため、他路線ほど電車の本数を増発することはかなり難しい。(たくみっく=https://takumick.com/saikyoline-honsuu

そうなんです。渋谷駅や池袋駅で戸惑ったことがある人も多いと思いますが、おんなじホームから埼京線湘南新宿線が発車しているんです。

これはただの思いつきなんですけど、路線ごとに分割経営する、なんてどうですかね?

実際、山手線・埼京線湘南新宿線は副都心の大部分を同じルートで走ってるので、路線ごとに競争が生まれれば、多少は便利になるとか混雑が減るとか、あとはやすくなるとかあるんじゃないですか?まあマジレスすると分割経営による非効率化でかかる経費が増えるためその分を取り返すために運賃は値上がりされそうですが。。。

最後に③なんですけど、これは使ってる人であればわかる、というより使ってる人しかわからないと思うんですけど、埼京線はまあ自然災害に弱い路線ですよ

例えば。。。

  ・大雪のため遅延

  ・地震のため遅延

  ・台風のため遅延

  ・強風のため遅延

  ・濃霧のため遅延   etc...

まあどれも乗る人の安全を考慮してるんでしょうけどね。それでももろすぎないか埼京線マンボウじゃないんだから。

今思い出したのが、自分の通ってた鉄緑会という塾の試験の日の朝に台風が東京に来て、もう電車止まるし受けられないなこれと思ってたらその日に限って元気な埼京線でした。。。なんて融通効かないの。。。

埼京線クソポイントその3:痴漢多すぎ

自分は遭遇したことないのですが、埼京線は痴漢が多いことで有名だそうで。

どおりでいたるところに監視カメラがついてると思いました。。でもこの防犯カメラをつけてからだいぶ痴漢は減ったようですね。それでも”最低線” と呼ばれるだけのことはあるみたいですが。。。

まあ痴漢の擁護をするわけでは決してないんですけど、あれだけ混雑してたらうっかり手が当たってしまう、というようなこともあるのかなと。自分は誤解がないようにファラオのミイラみたいに腕を胸の前で十字に組んで電車に乗ってます。

 

今回は以上です。いずれ東大駒場前に急行が止まらないことについても記事を書こうと思います。

フェルマー点の力学的な証明(数学オタク歓迎)

リア友に特定されてネットの恐ろしさにビクビクしてる系ブロガーのちちょーです...

この記事では、数学の概念の一つであるフェルマー点の紹介と、よくある幾何的な解法と、さらに力学的な解法を用いてその点の位置を定める方法の解説をしたいと思います!

1.フェルマー点とは

まずは定義から。

f:id:UTS1:20190621210423p:plain

フェルマーフェルマーてん、トリチェリ等角中心とも呼ばれる)は、三角形の3つの頂点からの距離の合計が最小になる点である。フェルマーが私信の中でこの問題に触れたことから彼の名がつけられている。(wikipediaフェルマー点」より) 

 はい、wikipedia先生は偉大ですね笑。(少しでもそう思った方は募金してあげましょう。)なんら難しいことはないと思いますが、この点を求める方法となるとそれは少し難しいです。

2.幾何的にフェルマー点を求める方法

数々の解法が存在するみたいですが、僕が知ってる限りで最もシンプルかつ鮮やかな解法は以下のものです。

f:id:UTS1:20190622200721j:plain

三角形ABCに対し、B、Cを焦点とする楕円を取り、その楕円上の動点をPとして、PA+PB+PCがminとなる場合を考えると、楕円の図形的性質から、PB+PCは一定。一方PAが最小となるのは、Pにおける接線がPAに垂直な場合。この時、Bから発射された光は反射してCにたどり着くという図形的性質から、∠APB=∠APC

A、CまたはA、Bを焦点にしても同じなので、Pがフェルマー点となる時、∠APB=∠BPC=∠CPAとなる。

これらを足し合わせると360度であるため、フェルマー点は各点と結んだ時にできる三つの角が120度になる点である。

 ということで、なんとフェルマー点はものすごく綺麗な場所にあることがわかりました。他にも補助正三角形を作り出して初等幾何的に証明したり、トレミーの定理を利用するやり方があるみたいです。(調べたら「高校数学の美しい物語」さんにありました。楕円のやり方も載ってますね。。https://mathtrain.jp/fermat

ちなみにフェルマー点について扱った東大入試の過去問もありました。解いてる時は夢中で気づかなかったなぁ。この年はこれと確率を取らないと終了する年でした笑(確か化学もかなりキツかったはず。。。)「東京大学 数学入試問題過去問 59年分」というサイト(http://server-test.net/math/php.php?name=tokyo&v1=1&v2=2013&v3=1&v4=4&y=2013&n=4)から引用させて頂きました。興味のある方はぜひ解いてみてください!

f:id:UTS1:20190622200750j:plain

解答がなかったため、自分で解いたものをつけておきました!字が汚いのはご容赦ください。。。ちなみにフェルマー点だ!と気づいている人ならば与式を自乗して角度の二変数関数と見て最小値の時しか成り立たないことからも角度を求めることができます。

3.力学的にフェルマー点を求める方法

以下、フェルマー点を力学的に求める方法を紹介します。説明しづらいのですが頑張ってついてきてくれたら嬉しいです。

まず地面に摩擦のないを3本打ち込んだと考えてください。(摩擦がなくても抜けたりはしないものとします)そこに一本の摩擦のない割り箸と、摩擦のない軽い長いを持ってきてください。

そしたらのうち一本と割り箸を同じ輪に入るようにで囲います。(図1)

f:id:UTS1:20190622200832j:plain

次に紐の片方の先端を別のにも持っていき同じように割り箸を同じ輪に入るように囲います。(図2)

f:id:UTS1:20190622200900j:plain

最後のに対しても同じことをして、最後にの両端が同じ方向に伸びているように整えます。(図3)

f:id:UTS1:20190622201007j:plain

そうしたら、紐を両端ともTの力で釣り合うまで(糸がピンと張るまで)引っ張ります。糸が張っているということは、この系を通して糸の長さの和が最小、ということですよね?(大事)

図4が釣り合った状態を上から見た図です。何かに気づかないでしょうか?

f:id:UTS1:20190622201059j:plain

割り箸が三方向から2Tの力で引っ張られて釣り合っているということは。。。

力がそれぞれ120度の方向を向いている、ということですね!!即ち紐が静止した点が、三つの杭からなる三角形のフェルマーだとわかります。伝わりましたでしょうか。。

ただし、この方法は、三角形のすべての角が120度より小さい時しか使えません。それを超えてしまうと三角形の外にフェルマー点がくるのですが、おそらく糸が絡まってしまいますね。。。それに摩擦力があるので実際にはこんなにうまくいかないと思います。

4.まとめ

実はこの話は数強のお友達に教えてもらいました(笑)建築学の本で読んだそうですが、ググったらこんなものが出てきました。少し趣旨は違うようですけど、まあアイデアはだいたい一緒なのかな?幾何的に証明する別の方法も紹介されてるので読んでみてください。(http://shimpei.sgtpepper.net/FermatProof.pdf

誤植や質問、またこんな方法でもフェルマー点求まるよーみたいなのあれば是非是非コメントで教えてください!

 

今回は少し短いけどこの辺で。

 

My鉄緑Life(高校生編)

線形代数が意外と難しくて狼狽えてる系ブロガーのちちょーです。今日は自分の高1・高2の鉄緑ライフの振り返り(前の記事の続き)を書いていこうと思います。

前の記事を読んでない方はコチラ(https://todaitired.hatenablog.com/entry/2019/06/20/204819)からどうぞ。

長いかもしれませんがよろしくお願いします。。。

  目次

 

1.高1前期編

高1前期は数学英語ともに中3の時と同じ先生。思えばこの時期が人間として一番生き生きしてた気がする。

実は高1のゴールデンウィーク前に彼女に振られてしまい、それもきっかけとなったのか勉強はとにかく真面目にやった。といっても鉄緑の勉強だけなのだが。

やった事といえば大したことではなく、予習(あまりしなかった)・授業・復習のサイクルを確立させ、もらったプリントは全て整理していつでも見返せるような状態にした。これで成績が伸びたのだからやっぱり先人の知恵は頼りになる。

僕の学校では高1高2はイギリスの学校に夏休みの2週間くらい遊びに行ける留学に行ける制度があって、当然僕も行きたかったのだが、その時スプラトゥーンのフェスで忙しくて申し込むのが遅れてしまったのだ!

もうそれだけが楽しみで学校に行ってたと言っても過言ではなかったので、担当の先生に死ぬほど頭を下げた。自分は英語の成績もよかったのでぴったりの人材のはず()なのだが、やはり期限までに申し込まなかったということで受け付けてもらえなかった。

なのでみんながイギリスに行っている間、自分は中国は寧夏(ニンシャ)回族自治区にいる親戚の家へと旅立った。羽田からの出発だったのだが、自分は8:30のフライトだったのに対し、留学勢の奴らは7:30のフライトで搭乗口も近かったので、直接会えなかったがLineで凄く煽られたのを覚えている。

f:id:UTS1:20190621160817j:plain

こんな古い写真が残っていてびっくりした。流石に一面全てこの光景、という訳ではない。

そんな悔しさをバネに、夏休みは死ぬほど勉強した。といっても現地にあるものが砂漠とラクダと現地の伝統的な料理である牛肉ラーメンぐらいだし、中国当局のグレートファイアウォールによって多くの海外のサイトが見れなかったので、勉強する以外に道がなかったというのが実情である。

f:id:UTS1:20190621160800j:plain

牛肉の盛り合わせと前菜。これでも20元(320円程度)だった気がする。

f:id:UTS1:20190621161504j:plain

現地の店で食べた伝統的な牛肉麺。この量でなんと5元(80円程度)。神保町の似たような店に行ったら950円も取られたし、味も断然及ばなかった。

しかしそのおかげで、次の校内模試で自分は英語Cクラス数学Bクラスに入ることができた。数学は終わった瞬間勝ちを確信したので(というかAにいったとすら思った)あれなのだが、英語もいってるとは夢にも思わずとても嬉しかった。校内模試の勉強法についてもいずれ書くので、鉄緑生は是非とも参考にしてほしい。

 

2.高1後期編

高1の後期。クラスは両方とも念願のレギュラーだった。

英語の方の先生は文Ⅰの女の先生で、あまり詳しくいうと特定されかねないのであれなのだが、美人で有名な先生だった。やたら気にかけてくれたのも嬉しかった。

数学の方の先生は理Ⅲの先生だったのだが、見た目はラッパーのDOTAMAさんにとても似ていた。(本人に聞いたら”初めて言われた”とのことだったが...)正直天下の鉄緑会Bクラスの先生とは思えない、いかにもやる気なさそうな態度ではあったが、簡にして要を得た説明で凄くわかりやすかったし、高2で東大実戦オープン両方全国一位とったという武勇伝も持っている人だった。毎週クラスオリジナルでやっている演習も(高1にはめずらしく東大形式の4問を60分でやるテスト。冷静に考えたら頭おかしい)添削が同一人物のものとは思えないくらいしっかりしていた。

当然めちゃくちゃ勉強した。数学に関しては問題集は3周したし、英語も宿題の長文を暗記するぐらい復習した。それに加えてチャート式も次の校内模試の範囲分を5周ぐらいはした。(今思うとこれが逆に良くなかった。チャート式の功罪に着いてはいつか書きかます

しかし悲劇的なことに、校内模試1週間前にしてインフルエンザにかかってしまったのだ。罹る前にいっぱい勉強したし、校内模試の頃には治っているから大丈夫だろう、という気持ちでいた。実際当日は完治ではないもののほぼ快調だった。

しかし結果は両方オープンクラスに逆戻りということになってしまった。この先何があるかわからないが、多分死ぬ時でも人生で辛かったことベスト20には入るだろうと確信している。数学に関しては解いてて「あ、俺やらかすんだ」という実感が湧いてくるあの恐怖感が今でも忘れられない。冷静になればまだまだ時間はあったし、そんなに大きなミスをしていたわけでもないのに、人は恐怖心を感じると状況判断が鈍くなる。

 

自分は小学校の頃野球をやっていたのだが、野球でも同じ感覚を味わったことがある。状況は2−4で迎えた9回裏2アウトでこちらの攻撃。そこからひっくり返すのはまあ、小学生の野球だとまずあり得ない。

しかしそれ以上に「俺は討ち取られる」という感覚がバッターボックスに入った途端に襲ってきた。多分野球経験者なら誰でも一回は味わったことのある感覚だろう。

そんな感覚に動揺しつつ、様子を見てたらついにカウントは2−3。「三振はいやだ」と思って内角の球を腕畳んで振りに行ったところ、根元に当たって結局ファーストの正面。打球の方向に残った夕日が印象的だった。

 

そんなフラッシュバックが試験中に脳を過ぎるほどあの校内模試は自分にとってはショックなものだった。

結果が返ってきてからは一切勉強しなかった。ひかりTVでウシジマくん全話みたり、学校から帰ってきてすぐに寝て夜更かししたり。自堕落な生活を送った。

 

3.高2前期編

自分の学校は高2でクラス替えがあるのだが、自分は学年1治安の悪いクラスに行くことになった。

どれぐらい治安が悪いかと言うと、遅刻者の6割はうちのクラスからで、しかも小テストもうちの平均だけ全体平均の2/3程度という状況だった。

「勉強しよう」なんていう雰囲気ではとてもなかった。自分もそれに乗っかって高2前期はとにかく勉強しなかった。

しかしそれが逆によかったのか、5月の駿台模試では受けた中で初めて理ⅢC判定を出せた。

「なんだ、やらなくてもできるじゃん!」と驕ってしまい、さらに勉強しなくなった。

しかも友達と外食しまくったので、この一年で12kgも太ってしまった。(高3最初に受けた健康診断では最後の回収係の人に申し訳なさそうに心配されるほどだった)

この頃はyoutubeでニコニコから転載された「ホモと見る喋るペンギン」という星のカービィのアニメの総集編にハマっていた。もう勉強についての思い出もないほどだ。

どうせ校内模試もできないので、8/20に試験があるところを、その日の1:00に伊丹空港について、朝の便で9:00に東京に着くという計画の旅行にまで行ってやった。羽田空港で食べたエスニック料理がとても美味しかった。結果は当然両方オープンクラスだった。(実を言うとそれでもCクラスまで両方あと2、3点だった)

 

4.高2後期編

校内模試が終わって夏休みが明け、鉄緑の後期(10月)が始まろうとしていた頃、自分はもうこのまま鉄緑を辞めてやろうかと思っていた。それでも、当時英語を担当してくれていた女の先生に励まされて、どうせやるなら死ぬ気でやってからやめよう、と決意し、11月から冬の校内模試までの7週間死ぬほど勉強した。多分今にも後にもあれだけ勉強したことはない。

その結果、数学は念願のSA2クラス、すなわち高2まででいうBクラスに返り咲き、英語もまずまずの成績であった。鉄緑は理科のクラスが土曜日の上位クラス(上位という決まりは本来ないが、みんな土曜のクラスにしたがるので土曜クラスが上位であることが不文律となっている)かどうかが一つ境界線となるのだが、そのクラスにも入れた。

そのことをきっかけに長いモラトリアムから脱却できると思ったのだが。。。続きは受験生編でお話しします。